大阪の市内・市外の引越し 1番安い業者は見積もり比較でわかる

引越し見積もりを比較することが一般的となりました。大阪での引越しが市内で短い距離であっても費用が随分と違うのが驚きです。

引越しの費用がどのくらい掛かるのかは実際には見積もりをみてみないと分からないものです。さらに言えば引越し業者によって随分と料金が違うものなのです、たとえ荷物が少ないのが一般的な一人暮らしの単身引越しであっても。

oosakahikkoshi (2)

大阪の引越しでは、一人暮らしの場合の目安となるべき料金が日通のワンルームパックではないかと思います、このワンルームパックの料金よりも安い引越し業者を探せばまずは損をしない引越しが出来るのではないでしょうか。

 

その日通ワンルームパックの費用ですが、平日で29800円、土日の休日料金はこれよりも5000円高くなります。この金額は決して安いものではないのですが、日通のブランド力・信用力があってこそ、この料金で通っているようですね(ワンルームパックは上記の金額が上限となります。大阪や東京、北海道などそれぞれの地方によっては独自の料金体系となっているようです)。

oosakahikkoshi (5)

大阪市内で一人暮らしの単身引越しをする場合には、どの程度の荷物があるのかによって手段が変わってきます。もしはじめての一人暮らしで家具や家電などを引越し先で用意する場合には業者を使わず宅急便などで送るのが安上がりとなります。またちょっと荷物があるけれど大きなものがない(家具など)場合には赤帽を使うのが経済的です。この場合には赤帽の運転手さん兼作業員のおじさん(とは限りませんが・・)との共同作業となりますので、それなりの作業は覚悟する必要があるかと思います。赤帽の場合には良心的な経営者とそうでない人の差が激しいとも言われますので、気持ちのよい引越しができるかどうかはある程度、運次第でしょうか。ただこういうご時世ですから昔のような態度の悪い人はそんなにはいないとは思いますが。。

 

大きめの家具や家電があったりタンスや食器棚、本棚もあるとなれば、友人・知人の協力を仰いで引越しをする以外だとやはり引越し業者を利用するのが良いでしょう。業者はプロなので冷蔵庫や重たい家電などはヒョイヒョイと運んでくれますので、お金はかかりますがその分の満足は当然、感じることができますよ。忙しい方は特に業者を利用した方が良いでしょう。引越しは作業だけではなく手続きなどいろいろと付帯するものがありますから、引越し作業の部分はお金を払ってさっさと済ませて新生活に向かうのが良いと経験的に思いますね。

oosakahikkoshi (4)

大阪市内の業者を利用するか、それとももっと大きな規模の大手の会社を利用するかは見積もり比較をして判断をしましょう。今はネットで一度に簡単に複数の見積もりを取れますので便利です。無料ですからぜひ活用しましょう。比較の際にはあまりに激安のところは基本料金に含まれるサービスについてはよく確認しておきましょう。ヘタをすると追加料金としてダンボール代金などを請求されることもあるかもしれませんからね。大手はちょっと高めの費用が掛かりますが、そういう面や保証などはしっかりとしていますので信用力を重視するのであれば大手の利用が安心かもしれません。