大阪⇔茨城間の引越し 最安の業者価格は?【それを知るにはコレ!】

oosakahikkoshi (7)

これから大阪府各都市から茨城県へ、または茨城県各都市から大阪への引越し価格が通常よりも高く設定されるのは忙しい春の季節に限ることではありません。月末には賃貸契約などの関係でどうしても引っ越しが集中してしまいます。しっかりと見積もりをとって料金が妥当かどうかを比較することが有効な手段となります。また一週間でも、多くの人がお休みの土曜日、日曜日、祭日に大抵の場合は引越しますから、週末には料金を高く設定している業社も多いのです。

oosakahikkoshi (3)

引越し業者の請求額は荷物量と移動距離によってだいたい算定されると思いますが、業者によっては安くないところがあるのは割り当てるスタッフやミスマッチしたトラック、荷物の運搬方法、作業開始時間、らくらくパックを使うなどによって請求金額が変わってきます。引越し荷物の実際に対してスタッフ過剰だったり大きすぎるトラックを利用したりすると適正価格よりも請求されることもありますので他社の見積もりと比較するのが良い方法です。

oosaka60 (1)

近々に大阪-茨城間を引越す予定がお有りなら、最初から「テレビで観た業者」1択にする、、、なんてことはヤメましょう!。一般的に知名度の高い大手の会社においては、信頼度は上ですが、その半面、中小専門業者よりかなり料金が多く請求されるのがネックです。他者の価格はいくらくらいなのかは一括見積もりサービスを使ってその目で確かめましょう。

安い定額料金だと思われるひとり暮らし向けのプランですが、著名なワンルームパック(日通)は土日や祝日には5000円ほど価格がアップします。クロネコヤマトの単身引越しサービスはシーズン加算(3月下旬から4月上旬)として上乗せされますので注意しましょう。サカイ、アート、アリさんマークなど他の大手のひとり暮らし向けのプランは見積もりが必要となっています。

oosaka60 (2)
oosaka60 (3)
oosaka60 (4)

大阪⇔茨城県の引越しで最安価格の業者の値段を知るにはコレ! >>> Click!!

 

 

 

 

oosaka60 (5)

大阪-茨城間の引っ越しでは「無知」から来る損失を防ぐためには、出来るだけ多くの業者に見積もりを申し込みましょう!。直接見比べてみることでしか格安業者の値段がいくらか、知ることが出来ないからです。また、申し込もうと決めている業者がすでにあって訪問見積もりにやって来た時に、定時された値段が高いのか安いのかの判断が出来ますよね。さらには、業者の営業マン(訪問見積もりの時)に他業者の格安価格を伝えましょう。それだけで数万円の値下げが即決されることもあります♪

oosaka60 (6)

引越し荷物の搬送方法には相乗りする混載便と呼ばれるものやチャーター便などがあります(業者によって名称は様々です)。長距離の引っ越しでは業者によって得意な区間がありますので、そのような区間では業者間の価格に安いところと高いところの差が激しかったりするので見積もりを取り寄せてチェックをしましょう。以前に頼んだことがある引越し会社が他社よりも安かったから、という理由で前と同じ業者に決めようと思っている人も多いかもしれません。でも、この業者選びはダメかもしれません。大手、中小業者に限らず引越し価格にはある意味、タイミング次第の性質を持ち合わせているので今回もまた安いとはなりません。これが引越しは相場価格と呼ばれる通りです。

oosakahikkoshi (1)

これからあなたが実行する大阪-茨城間の引越しの際に1番安い価格はいくらなのか?知ることは損にはなりません。それは、「サカイかアート引越センターに頼もうかと思っている」と決定していても、他の業者の安い値段を知ることによって「C社とD社の価格はずっと安いんだけど!」のように訪問見積もりに来たお目当ての業者に申し出することによって至極簡単な交渉になりますので。

oosaka60 (7)
oosaka60 (8)

osaka_gd

 

 

 

 

土日を利用して引っ越しをするよりも月曜から金曜日に行う方が金額が割安なことが少なくありません。休日も平日と同一料金をうたっている中小の専門業者もありますが、問題はその平日料金が高かったら?そこが重要ですよね。そうなるとやはり、大阪-茨城間の見積りを少なくとも5社程度から取り寄せて掛かる費用を見比べてみるのが最も確実です。見積もり一括サービス(無料)を業者を決める前に活用しましょう。大阪-茨城間の引っ越しで大手のサカイ、アートや地域系の中小業者のいずれが他社よりも安いのか?それを知るたったひとつの方法が引越し見積もり比較サービスで6~10社ほどの見積もりを取り寄せて、各業者の料金を横並びに比較することです。

もちろん、「全国的に有名な会社に決めようかと・・・」ということであっても、損をしないためにも一度は一括見積もりサービスで各社の価格を比較させてみることが必要です。実は他社の方が2万円も安いじゃない!ということも少なくないことですから。数週間後に、「見積もり比較をしておけば、新しい家電製品が買えたのに・・・」となった知人の二の舞を踏まないように。

コメントは受け付けていません。