大阪⇔長崎の引越しで損したくない!安い価格の業者の探し方がコレ!

oosakahikkoshi (7)

転勤などによって大阪から長崎まで引越しを行うという時には、やはり引越し費用を安く抑える事ができた方が嬉しいものです。その為にはどの程度の費用が掛かるのが一般的なのかという相場情報を知っておく事が大切になります。相場情報が判断の目安になりますので、高い料金の業者、安い料金の業者を見極められるようになります。

oosakahikkoshi (3)

相場情報というのは引越プランによって異なっていますが、まず単身で引越しを行う際の相場としては60,000円~250,000円くらいとなっています。因みに夫婦の場合ですと80,000円~350,000円、家族の場合ですと100,000円~450,000円となっています。時にはかなりの金額が掛かるという事が分かりますが、もっと安く引越しをしたい時にはいくつかのポイントを押さえておく事が大切です。では、費用を抑える為にはどうすれば良いのかという事ですが、まずは余計な荷物を減らす事が一つのポイントになります。

oosaka60 (1)

引越し料金が左右されるポイントとして荷物の量が挙げられますが、沢山の荷物があるとそれだけトラックのサイズも大きくなりますし、人件費も掛かるようになりますので、当然の事ながら費用が高くなってしまう事になります。その為、極力不要な荷物を減らすようにし、少ない荷物での引越しにする事が大切と言えます。他にも平日に引越しを行うようにするのもポイントです。引越し業者に依頼される方の中には土日指定にする方が非常に多いのですが、土日というのは人気がありますので、その分平日よりも料金設定が高くなっている事があります。

oosaka60 (2)

oosaka60 (3)

oosaka60 (4)

大阪⇔長崎県の引越しで最安価格の業者の値段を知るにはコレ! >>> Click!!

 

 

 

 

oosaka60 (5)

平日指定にする事によって、土日に依頼するよりも安く済む事もありますので、もし曜日に希望が無い場合は平日の方が良いと言えます。他にも時間指定は業者の方に任せる事で料金が安くなる事もあります。業者側の都合に合わせる事で割引きしてくれる事もありますので、そういった割引きサービスを活用するのも大切です。

引越し前と後に行う水道関連の手続きのやり方ですが、忙しくても2日~3日前までには、旧居が属する自治体の水道局宛に、「引越すので水道の使用を止めたいのですが」と伝えて下さい。

oosaka60 (6)

ここで連絡を怠ると、ずっと転居前住居の水道料金を払い続けるハメになります。引越し先では、玄関先に「使用開始のお届け」というハガキが既に用意されていると思いますので、ハガキに必要なことを記入し郵送しましょう。この他には、水道局へ電話したり、WEBサイトからも手続きができますよ。インターネット回線を新住所で使いたいのであれば、申込完了までしばしの時間が要ります。申し込み日~利用開始日まで頑張っても1週間から2週間、もしも申し込みが遅くなると1か月以上たってようやく利用可能、というパターンもあります。引っ越し作業が終わってから申し込むのははっきり言って遅いですから、申込み手続きはお早めに!!引越しをするときに、テレビの扱いをどうするのか迷っている方がいるかもしれません。

oosakahikkoshi (1)

面白いテレビ番組がこれといってなければ、置いていくなり廃棄するなりで問題ないと思います。

今の時代、インターネット1つでニュースもアニメもドラマも見られます(有料・無料とあります)。数ある家電製品のうち、特に高い電気代を取られるのがテレビだという情報があるくらいですし。引越しの作業が一通り済んだら、クレジットカード会社と銀行に住所変更手続を行いましょう。放置すると、請求書やご利用明細が転居前の住所に届くので、忘れないようにしましょう。銀行への届けは、窓口のほか、郵送や電話、インターネット等で手続きします。クレジットカード会社は銀行と違い、ネット上で行うことが多いです。引越す際にガスの手続きを行うわけですが、引越す1週間前を目途に、地元のガス会社宛に旧居を出る日を伝えておきます。

oosaka60 (7)

oosaka60 (8)

osaka_gd

 

 

 

 

 

oosaka60 (9)

当日になると、ガス会社の係の方が訪ねてきて、メーターを確認してからガスを止めます。新しい住所では、都合の良い日にガス会社の人が訪れ、ガスの元栓を開けてくれます。更に、警報器・ガス機器の安全も確認してくれます。退去時も入居時も、入居者の立会が必要になります。

引越してから諸々手続きを行うとき、NHKへも住所変更の旨伝える必要があると思うかもしれませんが、そのようなことはありません。NHKは質の良い番組を作ることもありますが、基本的には「反日」つまり日本よりも一部の国に味方することを好む公共放送です。「報道しない自由」を盾に歴史の裏に隠された事実を無視し、日本を貶めることに情熱を傾けています。そのような放送局に、なぜ受信料を払わなければならないのでしょうか。

固定電話を今でもでも使っている方はいますか?仕事における利用などを理由として利用を続ける方もいるようですが、新たにスマートフォンに変えてみると良いと思いますよ!持ち運びの便利さは勿論、いろいろな種類のニュースがラクラク手に入るのですから。引越す際に行う住民票絡みの手続きですが、忙しくても必ず行っておかないと大変です。

手続きの順序ですが、まずは転居前住所のある自治体の役所にて、転出証明書を出してもらう必要があります。次に、転居後の役所の担当窓口に転入届を書きに行きます。引越してから14日以内に転入届を出すということになっていますので、忘れず出しましょう。ですが、もしも同じ自治体の中での引越しならば、同時に転出・転入の処理を行えます。

コメントは受け付けていません。