大阪⇔大分の引越しで損したくない!安い価格の業者の探し方がコレ!

oosakahikkoshi (7)

学生生活から社会人になる時や、転職や転勤などで勤務地が変わる場合には、それまで生活していた土地を離れ、新たな土地で生活を始めることとなります。大阪府各都市から九州大分県へ、あるいは大分県の各都市から大阪へ引越す時には、様々な手続や作業が必要になりますが、その中でも最も手間と時間を取られるのが引越しの作業です。特にそれまで同じ家に長く住んでいると、荷物の量もかなりのものとなっており、それらを片付けて荷造りをするのは並大抵の労力ではありません。

oosakahikkoshi (3)

時間にたっぷりと余裕があるときには、引越し当日までにゆっくりと少しづつ片付けや荷造りを行えば良いですが、すぐに仕事が始まって、勤務につかなくてはならない場合には、そういった悠長な事も言っていられません。こうした時は、やはりプロの引越し業者を頼るのが一番の方法です。

oosaka60 (1)

こうした引越し業者を使い慣れていない人は、いくら位予算が必要かいまいちピンと来ない人が多いものです。引越しの料金にはその距離ごとに相場が決まっており、その相場と業者の見積りを比較することで、より安い業者を探すことが出来ます。

大阪から大分県まで(大分から大阪府まで)の引越しを例にすると、単身での引越しでは60,000円から250,000円、夫婦二人では80,000円から350,000円、家族単位で引越しとなると100,000円から450,000円といった予算が必要になります。

oosaka60 (2)

oosaka60 (3)

oosaka60 (4)

大阪⇔大分県の引越しで最安価格の業者の値段を知るにはコレ! >>> Click!!

 

 

 

 

oosaka60 (5)

また、利用する引越し業者もそうですが、それぞれの引越し業者が提供している引越プランによっても料金は大きく変わってきます。そのため、各社の引越プランや各種サービスの内容、またどういった作業がオプションの作業となるのか、きちんと把握した上で大阪-大分県間の見積りを比較することが大切です。基本料金が安くても、無料で行うサービスが少なく、結局オプション作業の追加料金で他社とそれほど変わらない金額になることも珍しくありません。こうした引越し業者が多数登録しているポータルサイト等がありますので、そういった物を活用し、それぞれの会社の特徴やサービスの詳細を把握しておくことが引越し費用を抑えるのに有効です。

oosaka60 (6)

「郵便物転送サービス」なるものが存在しています。何かといえば、大阪-大分県間の引越しの際、予め郵便局に転居届を出すことで、引越し前住所宛の郵便を、引越し先まで届けてもらうことができます。ポピュラーなのは、実際に引っ越しをするとき、転入届&転出届と共にサービスへの申し込み手続きをする人が普通に思えますが、転居届というものは、何としても出す必要はありませんので、イロイロあるのでしょう、手続きすることなく引越してしまう人もいるのです。

oosakahikkoshi (1)

引越しが決まった時に行う水道料金にまつわる手続き方法は、2~3日前までにはなんとしても、自分が住む自治体の水道局まで水道使用をストップしたいと連絡して下さい。もし連絡を忘れてしまうと、いつまでも旧居の水道料金を払わなくてはなりません。

oosaka60 (7)

oosaka60 (8)

osaka_gd

 

 

 

 

 

oosaka60 (9)

新居に着いたら、まず玄関先に「使用開始のお届け」という葉書が置かれていますので、必要事項を記入の上ポストに投函して下さい。その他の手段として、水道局に電話を入れたり、公式サイトからでも手続きできるのです。引越し後の手続きをする際、住所変更したことをNHKにも教えなければと思われるかもしれないのですが、その必要はないのです。新居へ移る作業が終了したら、クレジットカード会社と銀行に住所が変わった旨伝える手続きをしましょう。

これをしないでいると、ご利用明細等が古い住所に届きますので、忘れないようにしましょう。銀行への手続きは、窓口のほか、インターネットや郵送、電話などで受け付けてます。しかしクレジットカード会社ですと、インターネットを利用するケースが多いのです。

oosakahikkoshi (5)

お子さんがもし公立小中学校に通っている場合に、学区外の地域に引越しが決まったら、転校、ということになるでしょう。そのとき、転入届を出す必要があるので、引っ越しがわかったらすぐ、可能な限り速やかに手続きした方が良いでしょう。後、もし私立の小中学校に在籍しているのなら、公立とは手続きに違いがあるため、早めに学校に伝えるようにしましょう。

大阪-大分県間の引越しを決めたときには、旧居で利用していた電気、ガス、水道といった公共料金の精算を忘れないで下さい。そして、引越し後は電気・ガス・水道の使用をスタートする手続きを可能であれば素早く終了させた方が良いでしょう。サクサクと手続きを済ませ、新居での楽しい新生活をスタートして下さいませ。

旧居を引き払う際、電気・水道・ガスといった公共機関への解約手続きを取る必要がでてきますが、手続きのプロセスはどれもあまり変わりません。はじめに、1月前までに引越しの日にちや引越し先を電気・水道・ガスを管轄している所に連絡して下さい。次に、引越し作業終了後、忘れずにガス栓と蛇口を閉めて、電気のブレーカーを落としておいてください。

oosakahikkoshi (2)

更に、退去当日までの使用量を各会社が調べて転居先まで支払い明細が送られてきますから、絶対に払って下さい。以上を滞りなく済ませられれば、解約手続きはこれでフィニッシュです。

コメントは受け付けていません。