大阪⇔山梨の引越し 損したくない!格安料金の業者の探し方がコレ!

oosakahikkoshi (7)

かつて、職場にパソコンがなかった時代がありました。さほど昔のことではありません。徐々にパソコンが導入され、現代では、正社員のみならず、契約社員や派遣社員、アルバイトまでもが、自分のデスクとパソコンを与えられるようになりました。

oosakahikkoshi (3)

クリック一つで、多くの仕事を自動的にやってくれるのがパソコンです。パソコン1台で、パソコンながなかった時代の約20人分の仕事をこなすと言われます。つまり、1人の社員と1台のパソコンがあれば、かつての20人分の仕事ができるということです。これを、顧客の側から考えると、価格革命です。作業に要した人の数に対して人件費がかかるわけですから、単純に考えると、かつて20万円支払わなければならなかった仕事が、今や1万円で済んでしまうのです。

oosaka60 (1)

この発想を引越しに応用すれば、少しは引越し費用も安く抑えられます。具体的に大阪・山梨間の引越しを例に見てみましょう。

大阪・山梨間の引越し相場は、引越プラン別に、単身が155,000円、夫婦二人が215,000円、家族が275,000円となっています。しかしこれらは、あくまでも平均の相場であり、状況によっては、これよりも安く、または高くなります。例えば夫婦二人の場合、料金の下限は80,000円です。上限は350,000円です。まったく違う料金となります。

oosaka60 (2)

oosaka60 (3)

oosaka60 (4)

大阪⇔山梨の引越しで最安価格の業者の値段を知るにはコレ! >>> Click!!

 

 

 

 

oosaka60 (5)

こうした料金の違いを生む原因の一つが、上述の、人件費の問題です。引越し作業に要する作業員の人数が多ければ多いほど、料金も高くなるわけです。当然ですね。でも、引越し作業は、パソコンの例のように簡単なわけではありません。具体的に運ぶ荷物が決まっているのですから。無理に作業員の数を減らすと、時間内に作業が終わらなくなる可能性もあります。

そこで、人数が少なくても作業ができるように、依頼主が準備をすれば良いのです。まずは前提として、不要なモノを処分します。次に、なるべく同じ形の箱に、なるべくすべてのモノを詰めてしまうのです。洗濯機やテーブルなどは無理ですが、植木や布団なら箱に入れることができます。こうすることで、作業が非常に効率的になり、作業員の数も減って人件費分の節約ができるのです。

oosaka60 (6)

普通引っ越しをしたいといった方は、大体が月のラストの土日曜日の休日に一気に集中します。なるべく引っ越し費用を安く済ませたいのならば、まず引っ越し業者をとにかく早めに決定しておくことが必須です。オンライン一括見積もりサイトにてお気に入りの引越し業者を複数社セレクトして、各社の営業員に見積もりを出しに出向いてもらい、価格やサービス内容などなど条件が揃った業者を一社選ぶのがいいのではないでしょうか。実際引っ越し料金については、基本割増料金やオプション料金が加えられる時が多々あります。

ほとんどの業者の割増料金設定は、日曜・祭日のお休みの日の場合の割増が2割にて、早朝深夜での時間外割増についてはさらに3割に設定されております。ひと家族の引越しに関しては、人数が多いから、荷物全部の箱数も一般的に多くなりがち。ひとり者の引越し以上に、やはり支払う引っ越し料金も倍になります。大体引っ越し料金に関しては、荷物数や運送距離をベースにし決定されておりますが、もう一つ判断材料になる事柄が、「タイミング」です。毎年3月や9月は引越しが大変混み合う時期なのです。

oosakahikkoshi (1)

一般的に見て何社もの見積もりを見比べる折、その都度家に来てもらい実際の見積り額と今後の交渉を考慮すると、大体4社辺りが現実的であると思います。いざ引越しの時には要らないものを全て捨てるよい機会でもございますので、前もってどれを処分するものかを選んでおいて、全ての荷物の数を出来るだけ縮小することで、引越し見積もりの価格も幾分か抑えることが出来ます。一般的に大阪-山梨間の見積もりをお願いする場合は、当然、「引越し先住居の住所」及び「引越しを希望する日」「転入先に運ぶつもりの荷物」等細かいコトがすでに定まっていることが絶対条件です。

実際、全国的に入学や入社などがある3~4月が非常に多くなるのですが、やはりニーズが高まるため引っ越し料金もアップになるので、急ぎでなければなるたけ引っ越しシーズン以外に行うことで比較的安く済ませるコトが可能です。少なくとも5社ほどから大阪-山梨間の見積もりを取ることができたらおおよその引越し相場に関して把握できますし、営業スタッフの善し悪しもありますため、値引き交渉次第で割と下げてもらえるものです。

oosaka60 (7)

oosaka60 (8)

osaka_gd

 

 

 

 

 

oosaka60 (9)

コメントは受け付けていません。